我々 だ 夢 小説 し て みた。 ○○の主役は我々だ!【BL小説】

暗殺教室の主役は我々だ

| | |普通に歩いてたらトラックに突っ込まれた。 負傷後にゾムが意識を失ったのも朝からの精神的な疲れが出たんだろうな、今はぐっすり眠っているよ」 「そうか」 軍医であるしんぺい神の無事との言葉を聞いて、ようやく体の力を抜くことが出来た一同はホッとした様子で各々がしゃべり始めた。

5
その札が医務室に掛かっているのなんて滅多にない。

悪役令嬢?クソくらえ!!【我々だ!】

一作目も二作目もよかったら見てね! 一作目 完結 二作目 完結 注意事項 三作目!とか言ってますがまだ一か月もたってないルーキーです。 。 分かんの!? でもさ? なんで目覚めたら神様の前にいるの? 何が起こってこうなった? すると神様はこう言った。

次からスタートです。 医務室に仲間達を残し、更に奥にある手術室へとゾムとペ神が入って行ってから一時間は経とうとしていただろうか。

我々とSCP

誤字脱字あるかもです。 ・王様ゲームをやっているという設定です。 えぇっとねぇ、ロボロが言うにはゾムさんが自分で自分の腹を刺したらしいねん」 「はぁあ!?」 「なんやねん、それ!冗談やろ!?」 あのゾムがあり得ないやろとのコネシマの発言に皆が頷く。

10
この場に現場を見た者は居ないのだからそれも致し方ないが、こればかりは当事者に聞くしかないだろう。 苦手 な方はUターンし、別の小説を見に行ってくださいな。

小説…我々だ

兄さん、軍曹に対してはキャラがあまり定まっておらず、グダグダになる部分がございます。

10
いたずらっ子で甘え上手な末っ子気質。 三個掛け持ちだぜ! なぜ、今頃暗殺教室かというと、漫画を読み返したとき面白かったからです。

小説…我々だ

そこにゾムが運び込まれ、ペ神から知らせられた幹部達も大慌てで医務室へと集まっていた。 ____________________ ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙やってしまたぁぁぁぁあ! SCPハマってしまい、まともに更新もしないで新作を作る…… 正直自分が馬鹿なのかと疑います。

なんでもないです。 手術室の扉が開き、疲れた様子で薄緑の手術着姿のペ神が出て来た。

暗殺教室の主役は我々だ

「ほんま心配させやがって、アイツ」 「でも珍しいですね、ゾムさんが大怪我するやなんて。 そこまでは分かるよ。

なので、コラボさせちゃいました。

我々とSCP

「ロボロがゾムを連れて医務室に駆け込んだ時や、偶然僕も居合わせてな。 「嘘や冗談だったら良かったんやけどねぇ…」 「何でそんな事を…」 ザワつく中、腕を組んで静かに話を見守っていたグルッペンが重い口を開いた。 ターゲットは先生。

で、書きたいなー。 しれないです。